徳島なのに東京不動産!株式会社東京不動産

お部屋を借りたい、店舗を探している、手頃な売家は?、土地を探しているなど、その時は「東京不動産」までご連絡下さい!!

お部屋を借りたい、店舗を探している、手頃な売家は?、土地を探しているなど、その時は「東京不動産」までご連絡下さい!!

  • 0120-685-141
  • 10:00~19:00/定休日:毎週水曜日(1~3月を除く)

会員の方

閉じる

TOP
>
>
>
敷金礼金のある物件・ない物件(ダブルゼロ物件)の違いとは?

敷金礼金のある物件・ない物件(ダブルゼロ物件)の違いとは?

こんにちは。徳島で不動産売買・賃貸住宅の仲介を行っている東京不動産(アパマンショップ)、賃貸担当の坂本です。

賃貸住宅雑誌を初めて見る方が、よく疑問に思われるのが「W(ダブル)ゼロ物件(ゼロゼロ物件)」というフレーズです。簡単に言うと、本来は初期費用として必要な、敷金・礼金が不要な物件のことなのですが、初心者さんにはそもそも、敷金・礼金というシステム自体が、わかりにくい場合もあるようです。

 

敷金は、部屋を退去する際にかかる補修費用をあらかじめ支払っておく準備金のような物で、物件によって金額は異なりますが、一般的には家賃の2カ月分程が相場になります。対して礼金は、その名の通り、物件を所有する大家さんへのお礼費用で、家賃の1カ月分程度が相場です。新築マンションや分譲賃貸・戸建て賃貸などは、敷金礼金が必要な物件が特に印象ですが、一概には言えません。
 

引越しをする際は、敷金と礼金を足した金額などが初期費用として必要になるので、ある程度のまとまったお金を準備しておく必要があります。しかし、引っ越しに当たって、初期費用をなるべく安く済ませたい場合や、急な引越しでまとまったお金が準備出来ないという方も、当然少なくありません。そんな初期費用負担を少なくしているのが、敷金・礼金なしのゼロゼロ物件です。

 

初期費用が「少ない=借りやすい物件」ではありますが、その分デメリットもあります。敷金として支払っていない分、退居時に補修料金が発生したり、ゼロゼロ物件でも保証料などは必要ですので、よく調べておかないと、思わぬ出費にビックリしてしまうこともあります。

弊社ではゼロゼロ物件でも、お客さまの初期費用がどのぐらいになるかをしっかりとご提示するのでご安心ください。
ゼロゼロ物件も多数ご用意しておりますので、興味のある方は、弊社にお問合せくださいね。

Copyright(c) 東京不動産 Rights Reserved.