徳島なのに東京不動産!株式会社東京不動産

お部屋を借りたい、店舗を探している、手頃な売家は?、土地を探しているなど、その時は「東京不動産」までご連絡下さい!!

お部屋を借りたい、店舗を探している、手頃な売家は?、土地を探しているなど、その時は「東京不動産」までご連絡下さい!!

  • 0120-685-141
  • 10:00~19:00/定休日:毎週水曜日(1~3月を除く)

会員の方

閉じる

TOP
>
>
>
賃貸物件のインテリアアドバイス―画鋲などを使ってもOK?―

賃貸物件のインテリアアドバイス―画鋲などを使ってもOK?―

こんにちは。徳島で不動産売買・賃貸住宅の仲介を行っている東京不動産(アパマンショップ)です。

 

一人暮らしの方も、ご家族でお住まいの方も、賃貸でも「自分らしいインテリア」で暮らしたいと思いませんか?

 

ですが、あまりにも大規模なDIYをしてしまうと、退去の時に費用がかかったり、元に戻さないといけないこともあります。

 

そこで今回は、賃貸物件のインテリアについての情報をお届けします。

 

■画鋲は使ってもOK!?

 

壁に穴を開けてしまう画鋲ですが、実は少しなら使っても大丈夫。

多少の穴は「生活する上で生じたキズと見なされ、退去の際に別途費用を請求されることはほぼありません。

小さな穴を開けて、コーナーや壁などに取り付けられる棚が、ニトリや無印良品などで販売されていますので、そうした棚をつけてもいいですよ♪

ですが大きな釘など、画鋲より大きな穴を開けてしまった場合は、修繕費用が必要になることもあるので注意してくださいね。

 

■突っ張り棒を使ってお部屋をアレンジ

 

例えば、トイレや浴室で突っ張り棒を使ってカーテンで区切ると、収納がなくても見られたくないものを隠すことができます。

リビングではコーナーラックを造ったりと、「見せる収納」にも突っ張り棒は大活躍しますし、お部屋を傷つけないのでおすすめです。

 

■剥がせる壁紙やシールを使う

 

お部屋の壁紙の一部を変えるだけで、お部屋の雰囲気は随分変わります。

最近は百均などでも壁紙を傷つけない、剥がせる壁紙が売っていますので、手軽に模様替えを楽しめます。

壁紙の他にも、ウォールシールなどを使ってお部屋のアクセントにする方法もおすすめです。

 

このように、賃貸物件でもアイデア次第でいろいろとインテリアを楽しめます。

皆さんも自分なりのお部屋づくりを楽しんでくださいね。

Copyright(c) 東京不動産 Rights Reserved.