徳島なのに東京不動産!株式会社東京不動産

お部屋を借りたい、店舗を探している、手頃な売家は?、土地を探しているなど、その時は「東京不動産」までご連絡下さい!!

お部屋を借りたい、店舗を探している、手頃な売家は?、土地を探しているなど、その時は「東京不動産」までご連絡下さい!!

  • 0120-685-141
  • 10:00~19:00/定休日:毎週水曜日(1~3月を除く)

会員の方

閉じる

TOP
>
>
>
大学生の一人暮らし住民票は移動させるべき?その他役所でする手続きなど

大学生の一人暮らし住民票は移動させるべき?その他役所でする手続きなど

こんにちは。徳島で不動産売買・賃貸住宅の仲介を行っている東京不動産(アパマンショップ)です。

 

「1人暮らしは楽しみだけど、手続きがいっぱいあって大変そうだな。」
お客様と接する中で、こうしたお声も聞かれます。

 

賃貸契約、行政手続き、学校への必要書類の提出など。


手続きは確かに多いのですが、その中でも役所に提出する「住民票の移動」についてご紹介します。

 

本来なら、引っ越しをして14日以内に、新住所のある役所へ転入届を出し、住民票を移動させなくてはいけません。

 

ですが、いずれ実家に帰る、生活拠点の一部はまだ実家にある、といった理由から、ほとんどの学生は住民票を移動していないようです。

 

住民票を移動させないデメリットを強いてあげるなら・・・


・保険証が実家に送られてくる
・選挙区が実家の住所になる
・年金などの役所の書類が実家に届く
といったところでしょうか。

 

学生さんにとっては、どれもそこまで強い不利益ではないと思います。逆に、最初の手続きが億劫だったり、保険証や年金などの手続き関係を親に任せている方にとっては、住民票を移動させないほうが、メリットがあります。

 

お引越しを控えた学生さんは、住民票の移動に関してもご両親ともよく相談し、ご家族で納得のいく方法を選んでくださいね。

Copyright(c) 東京不動産 Rights Reserved.